WBBvol.5 サムライナイトフィーバー再燃

WBB vol.5 サムライナイトフィーバー再燃
2013・12・18
赤坂RED/THEATER
作・演出:浅沼晋太郎(bpm)

【キャスト】
竹田勘左衛門:佐野瑞樹
並木甚五郎:佐野大樹
三好反助:井出卓也
堀部安兵衛:谷口賢志
吉良上野介:岡幸二郎

【感想】
・岡さんの吉良上野介は、あいかわらずおもしろかった。
・再演だと、ストーリー知ってるから、次が読めちゃうけど体を張ったギャグは笑っちゃった。
・パンフレットに岡さんが、震災以後なんでも自分がおもしろいと思ったものに出るようにしたって書いてあって、ちょっと自分と似ているなと思った。
・私も、震災以後見たいと思ったら何でも見ておけって感じで観に行ってる。
・忠臣蔵は、吉良が死ぬところがいいところなわけで、吉良がこれから殺されることwみんな知ってる。しかし、最後の最後にもう一回安兵衛と吉良が戻ってきて5人で踊りながら、暗転するのだ。
・これって、昔絵本の作り方を習ったときに聞いた「最後に悲しい気持ちにならないように」というのとよく似ている。
・子供は絵本を読み終わった後「ああ良かった」と安心したい。だから、悲しいお話でも一番最後に何か救いになるような絵を付けるとか工夫してあるのだと。
・吉良が死ぬのはわかっているけど、吉良を寂しく逝かせるんじゃないという結末が、この芝居のいいところだよね。

・井出卓がすごく、男らしくなってた。初演の時は少年っぽかったのに。
・大学生で、明日テストがあるとアフタートークで言っていた。


"WBBvol.5 サムライナイトフィーバー再燃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント