クリンドルクラックス! 2012・8・5

2012・8・5
世田谷パブリックシアター
クリンドルクラックス!

◆作:フィリップ・リドリー
◆翻訳:谷 賢一
◆演出:陰山恭行

◆出演
阿久津愼太郎:ラスキン・スプリンター
伊阪達也:エルビス・ケイブ
小野健斗:スパーキー・ウォルナット

酒井敏也:ウィンストン・スプリンター(ラスキンパパ)
宮地雅子:ウェンディ・スプリンター(ラスキン・ママ)
大河内 浩:ケイブ氏(エルビスパパ)

鈴木勝秀:フラワー先生(町医者)
小田 豊:フリックさん(映画館主)
ぼくもとさきこ:ウォルナット夫人(スパーキーママ)
西本裕行:コーキー・ピジョン(用務員さん)

ROLLY:レイス先生

安寿ミラ:ケイブ夫人(エルビスママ)

◆ 企画制作:石井光三オフィス

【あらすじ】
11歳のラスキン・スプリンターはビン底メガネにやせっぽちで、声もキンキン声で冴えない少年だが、いつか真の”勇者”になることを夢見ていた。
そんなラスキンが、街の地下道に棲みつく謎の怪物の存在を知る。
両親や町の住人を守るために闘うことを決意するが・・・

“ドラゴン退治”伝説を下敷きに、大人が泣けて、笑って、心躍る11才のヒーロー(勇者)物語。


【感想】
・主題歌は良かった。
・美術も良かった。ペン画をそのまま大きくした感じ。おとぎ話風の雰囲気を出していた。
・ストレートプレーなので、最初退屈してしまった。
・私はやはりミュージカルが好き。
・ラスキンパパとラスキンママの息子を思ってる気持はよかった。
・だからラスキンはヒーローになれたんだと思う。
・児童文学として読めば、非常に感動すると思うけど、舞台として見たとき、何かが足りない気がした。


"クリンドルクラックス! 2012・8・5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント