「バンディット!-霧隠才蔵外伝-」 簡易感想

もう、一週間近く経ってしまってすいません。
遠出をすると、その後の生活の立て直しが、、、。
記事ごとのカウンター、「バンディット!」ってついてる記事がどんどん回ってるのに、その記事、データだけですから、、、、。ごめんなさい。帰りがけに書いた携帯のメモ程度ですけど、アップしてみます。

すごく良かった~!
なにしろ、みんなに見せ場があって、でも話が破綻してない。
見ながら思ったんだけど、「少年漫画の中で女の子にも人気が出る作品風」というテイストだったような気がします。


<泣きポイント>

・まずお初が才蔵と会うところ。

・お初が死ぬところ。

・弥吉が才蔵と最後の殺陣をしながらのシーンで、才蔵が「憎め!」と言うところ。

・弥吉が死ぬところ。
 「兄さん」と言うところ。

思わず泣いちゃいました。
(最近、よく泣くので。)

<個人について>
一番の収穫は悠浦君のお芝居。

今まで、発声が男役になりきれてなくて、その点が、問題だと思っていたのです。
が、今回はクリアしてました。大体は女声はつかってなかったと思います。

それだけじゃなくて、一本筋が通っているというか、キャラクターの一貫性というか、


緋波さんはおっきいゎ。芝居が。
出てきただけで空気が変わりました。

愛瀬君も大活躍で。
「鎖鎌」難しかったろうな。

舞美りらちゃんの思いっきりのよい変顔(連ちゃんの親方が、おかみさんに懲らしめられてる時の顔を真似して、編が尾をするんです。)が、かわいい(*^_^*)

蓮ちゃんとゆいちゃんの夫婦がおかしかった。
ほんとに夫婦っぽくて。
あと、ゆいちゃんの「お嫁さんになりたい。」発言には笑った。

なぜ、奏君(旅芸人の奏君)はリーゼントなんだ? (ウエスタンだからですね。わかりました。)
あ、だから、愛奈かれんさんの髪飾りも、帽子風だったんですね。

蒼音君の体を張ったお芝居。
痛かったろうなあ。
でも、受けてましたねえ。
(基本、暴力反対だから、本当にやらなくてもいいと思うの。)
「兄貴」って感じが良かったです。

山賊チームに、百美くんと八洲くんがはいっていて、で、一生懸命お芝居してて、良かったです。
百美君てもっと線が細い感じなのかと思ったけど、ああいうの似あってますね。
荒くれ男みたいなの。

折様の側転だったんですか。
うわーすごい側転だなーって思ったけど、すぐ人数増えて、ダンスになっちゃったから、誰なのか分からなかった。


平松さん、風格が出てきた?って気がした。

土岐の桂稀さん、徹頭徹尾悪役でした。

珂逢さんは、いわゆるヒロインなんだけど、出番が少ない。
すぐ死んじゃうし。


(重箱の隅をつついてみました。)
お初さんに「失望されたでしょ?」みたいなセリフがあったけど、できれば、漢語ではなくて大和言葉を使わせてほしいな。

全体のストーリーは大体良かったけど、ちょっとだけ、引っかかる言葉があった。

「野山を走っていた時」
そんな大雑把な言い方するかなあ?
田舎が一緒なんでしょ。
二人だけの特別な思い出なんだったら、客がどう思おうが、具体的な地名を言っても良かったんじゃないかしら?


(感想、まだ続くと思います。これ、高世さんも櫻子ちゃんも書いてないから。)

"「バンディット!-霧隠才蔵外伝-」 簡易感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント