追悼 栗本薫さん

栗本薫さんが亡くなった。
観劇帰りの電車を待つ途中、駅で携帯を見ていて見つけた。
ええっ。
なんだか、声にならない声が、心の中に。
ああ、もう読めないんだなと思うのと、
いろんな話の続きはどうなるんだろうと、
そんなことを想いながら、帰りの電車に乗った。


「グイン・サーガ」は最初のうちは読んでいた。
しかし、あんまりにも長いので、挫折。

でも、50巻記念で、ミュージカル化したことがあった。
中島梓の脚本・演出だったと思う。

「自分でやってるんだ。」と思った。
で、どういう風にするのか興味があったのと、
キャストにつられて見に行った。

グインは出なかった。
豹頭の人を出すのは、やめていた。
潔いなと思った。

でも、イシュトとリンダのデュエットダンスにはまいってしまった。

「こだわり」の感じられる舞台だった。
あんまり、熱心な読者ではなったけれども、「こだわり」はどの作品にもあったように思う。

宝塚のファンで、シメさんのファンだったり、岡幸二郎を使ってくれたり、
ちょっと、うれしい共通点もあって、勝手に親近感を持っていた。

あ、今年「グイン・サーガ」がアニメ化されるにあたって、
NHKのインタビューに答えている映像を見たから(それもたったの1か月くらいまえ)
「ええ、そんな、元気そうだったのに」という、ショックもある。


すいません、ぐだぐだです。






御冥福をお祈りいたします。




"追悼 栗本薫さん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント