ラ・カージュ・オ・フォール

2008・12・12
ミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール」
日生劇場

【スタッフ】
作詞・作曲 ジェリー・ハーマン
脚本 ハーベイ・ファイアスティン
原作 ジャン・ポワレ

翻訳 丹野郁弓
訳詞 岩谷時子、滝弘太郎、青井陽治
演出 山田和也

【キャスト】
・ジョルジュ(「ラ・カージュ・オ・フォール」経営者) 鹿賀丈史
・ザザことアルバン(ジョルジュの情婦) 市村正親

• アンヌ(ミッシェルの恋人) 島谷ひとみ
・ジャン・ミッシェル(ジョルジュの息子) 山崎育三郎

• ジャックリーヌ(レストラン経営者) 香寿たつき

• シャンタル(カジェル) 新納慎也
• ハンナ(カジェル) 真島茂樹

• ダンドン議員 (アンヌの父) 今井清隆
• ダンドン夫人 (アンヌの母) 森公美子

• ジャコブ(ザザの侍女) 花井京乃助
• ルノー(カフェの主人) 林アキラ
• ルノー夫人(カフェの女将さん) 園山晴子
• フランシス(舞台監督) 日比野啓一

• メルセデス(カジェル) 大塚雅夫
• デルマ(カジェル) 石丸貴志
• フェードラ(カジェル) 美濃 良
• オデット(カジェル) 香取新一
• モニク(カジェル) 水野栄治
• ロシン(カジェル) 富山 忠
• ニコル(カジェル) 附田政信
• クロクロ(カジェル) 佐々木誠
• ビデル(カジェル) 杉山有大
• アンジェリク(カジェル) 加賀谷一肇

小野寺創、栗林昌輝、白石拓也、鯛中卓也、高木裕和、土器屋利行、福山健介、村上聖
髙橋桂、多岐川装子、三木麻衣子、岡本茜


【感想】

やっぱり面白かった。
うん、曲もよいし、話もよいし。

市村さんのザザが最後なんて、もったいない。
本当に「お母さん」してて、気持はすっかり、ザザと同じように動いていきました。

鹿賀さんは、こういう軽い役のほうが、私は好み。
ジキハイもいいけど、力入りすぎてたんだなと思う。
「ペテン師と詐欺師」と同じくらい、よかった。

山崎育三郎君は、こういう役も、ぴったりなんですね。
マリウス(レ・ミゼ)も楽しみになってきました。
とにかく、歌がいいです。

森公美子さんは、いつものように、明るく楽しく見せてくれました。
今井さんの、あの、世にも奇妙なお姿が出てきたときは、ビックリ!

そうそう、新納くんが、美しくて、もっと、いっぱいみたいなと思ったのに、それほど出番がなくて、ちょっと残念。
マジーは、迫力!

風邪ひいていて、ふらふらしながら見に行ったんですが、見終わったらすごい元気になって帰ってこられました。
(翌日丸一日寝込んでしまいましたが)

"ラ・カージュ・オ・フォール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント