舞台版「風魔の小次郎」

3月16日(日)
シアターアプル
舞台版「風魔の小次郎」

「こりっち」にはとっくに書いたんですが、年度末で、忙しくて、こっちには書けませんでした。

で、時間がかかるのですが、これから3月に見た芝居を順番に書いていこうと思います。

さて、「風魔の小次郎」は、原作は知らないので、ドラマ化されるということも知らなかったのですが、ドラマを見てしまって、面白くなって、舞台もみたいな~と思っていたら、ミラ得る子tになって、で、千秋楽に行ってしまったのです。

千秋楽は、それなりに、お遊びが入っていて、リピーターの皆さんとは、ちょっと笑いのポイントが、、、。わからないよーというところもいっぱいあったけど、アクションを生で見るのは面白いですね。

あと、会場のノリがコンサートでしたね。お話は、知ってるからわかったけど、知らない人にはついていけなかったろうな。

あ、ミュージカルは、ミュージカルなんだろうけど、なんかなあ歌付きの芝居って感じの音楽の入れ方だったかも。

でも、風魔の人も夜叉の人もすごく仲良くてチームワークよかったんだろうなと思いました。

そして、最後の舞台挨拶のところの一芸大会はおかしかった。

"舞台版「風魔の小次郎」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント