ミュージカル「ショウ・ボート」感想

20153月15日
富山オーバードホール
ミュージカル「ショウ・ボート」

【感想】
まさしく王道のミュージカルでした!

ハロードーリーの東京バージョンを観劇して、その素晴らしさに感動していた私は、今回、岡幸二郎出演と聞き、行く気満々でした。

北陸新幹線かがやきに乗り、富山まで行って来ました。
私の行った日はとてもお天気が良くて、立山連峰が本当によく見えました。

千秋楽のみの観劇です。

期待に違わずすばらしかった。

舞台装置がすごい。船みたい。

衣装もだいたいセンスよい。

原作は知らないが映画は見た。
オールマンリバーがものすごく心に残っていた。
今回もオールマンリバーは繰り返し歌われる。

黒人の運命を歌っているのかと思っていたが、それだけではないのね。人間全部なんだと思う。

最後のシーンでゲイロードとマグノリアが再会して終わるけど、確か映画版はさらに船が出てオールマンリバーを歌いながら終わった気がする。

今回のほうが愛の物語にふさわしいかもしれない。

ジュリー(剣さん)の存在感がすごい。
酒場でノーラがテストを受けている時そっと酒場を出て行くんだけど、そこで、ジュリーにはセリフはないんだけど、ノーラの方を向いて何か口ぱくしてるんだよね。
全部は読み取れなかったけど、多分ノーラに幸せになってみたいな内容なんだろうなと思った。だって、手には旅行鞄持ってるんだもん。
そうそう、「ビル」という歌の時に、見えないはずのもと旦那さんが想像されて、ここでも思わず泣いてしまった。


岡さんがカッコいい!
惚れ直しました。
最近、悪役とかが多くて、それも好きですけど、やはり、二枚目の役も好きなので。

土居さんの歌声!。
やっぱり最後の実年齢に近いほうが見た目は安心する。

田中さんのクイーニーは黒人のオバチャンに見える。(ほめてます)(^w^)
浜畑さんの船長は、安心して見ていられました。さすが。

オールマンリバーの歌手、長谷川さんの歌声が素晴らしくて、素晴らしくて。
このミュージカルでこの歌が失敗したらすべてが台無しになってしまいますからね。
非常に満足しました。

そうそう・本間さん&北村さんのペアは、本当にぴったりの役だったなあ。

このまま、東京に持ってきてくれないですかね。

ショウ・ボートの映画を観たのは、私が宝塚にはまっていた時見たショーの一場面にショウ・ボートのシーンがあって、元ネタを知りたいと思ったのでビデオ屋で借りたのでした。
美しくて楽しくて、ハッピーエンドが定番のオールドミュージカルだろうと思って見ていたら、まったく違って衝撃だったんですよね。
最後はオールマンリバーで終わってほしかったかな。
(でも記憶違いかもしれない)

ショウ・ボート オーバードホールHP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック