新橋演舞場「夏のおどり」3日目感想 その2

新橋演舞場「夏のおどり」3日目感想 その2

日が開いてしまって何を書こうと思っていたのか忘れてしまった。だから、今思うことを書いておきます。

・新橋演舞場のスタッフさんはすごいと思った。
いろんな場面で。 
 
・東京公演も全員公演を2回行えたので、いろんな方に認知してもらえるといいなあ。
 というのは、OSKを振りつけたいとか、ショーを作ってみたいとかそういう興味を持ってくれる人が少しでも出てくる機会になればと思うんです。
 いつも同じ人が作るのにはやはり限界があって、どうしても、その人らしさが残るので、やはりどんなものも飽きられてしまうと思うんですね。
 どうぞ、新しい出会いの場となりましように。
 
・プログラムのタンゴのところ、朝香さんが書いてなかったから、えッと思って「春のおどり」のパンフレットも見てみたが、そっちも載っていなかった。
どうして?
高世女と「私の方がいい女よ」対決してるのに。

・ブラックアンドホワイトのところで、くるみちゃんに目が行く理由がもう一つ分かった。
背中の曲げ具合だ。なんというか、ニュアンスがあるよ。

・やっと下級生の娘役の見分けが通用になった。(ほぼだけど)
・美月あんじゅさんは美人さんだと思う。
・かなめ樹里ちゃんは笑顔がいいよね。
・千咲さんはかわいいけどかっこいい。でも小さい。
・リコちゃんは、かわいい笑顔に切れ切れのダンス。いいわー。
・実花ももちゃんもかわいくて目が行く。

・プログラムを比較してみたら、松竹座には主催が松竹・OSK日本歌劇団・よみうりテレビとあり、後援が大阪市・(公財)関西・大阪21世紀協会・大阪商工会議所。
新橋演舞場は制作OSK日本歌劇団・松竹株式会社しか書いてない。
ということは、松竹さんが丸抱え?(想像ですけど)
チラシも確認しましたよ。やっぱりなんもない。
すごすぎる。
松竹さまといいたくなるよね。

・衣装の色。第一部も第二部もフィナーレが白と青が主たる色合いなので、5月の時も思ったけど、夏のおどりを意識した配色だったのかな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック