冗談企画 「カルディアの○○」

カルディアガイド  
これであなたもカルディア王国がよくわかる?
(あくまでも冗談です。)


イメージが違ったらごめんなさい。

ただの言葉遊びです。

でも、こんな遊びを思いつくぐらいおもしろかったんです。

イメージが崩れるのが嫌な人は読まないほうがいいです。




















<カルディアのタ○>

・カルディアのたび・・・砂漠のオアシスカルディア王国を観光する。ベルガ旅行社の観光ツアー名。妖しい宗教グッズの購買を勧められたり神殿の拝観料が異様にたかったりするので要注意。

・カルディアの滝・・・砂漠の国なので滝はない。だから滝に憧れをもっているカルディア人の憩いの居酒屋の名前である。

・カルディアのタコ・・・砂漠の国なので海はない。だから居酒屋「カルディアの滝」が海のある国のタコを真似して作ったとされるおつまみ。独特の食感があって、美味。しかし、製造法は企業秘密。

・カルディアの谷・・・カルディアの国土はほとんど砂漠であるが、その砂漠の丘陵地帯にある谷。

・カルディアのタマ①・・・カルディアの猫は伝統的にタマ・なんとかという名前をつける習慣がある。猫の代名詞。
・カルディアの玉②・・・砂漠の中にある宝石。これを取りに出かけて死ぬもの後を絶たず。

・カルディアの民・・・熱しやすい気性を持つ。

・カルディアのタレ・・・カルディアの家庭料理には欠かせないタレ。調理法は各家庭で異なる。

・カルディアの太刀・・・どんなものでも突き通さないものはないという優れた太刀。
・カルディアの盾・・・どんなに優れた武器であっても守れないものはないという優れた盾。カルディアの太刀と盾を持てば無敵であるという武器商人の売り口上。ついでに、カルディアの鷹が持っていたものと同じであるという大ボラもくっつける場合がある。

・カルディアの竹・・・カルディアの特産の竹。地下茎がカルディアの赤と呼ばれる特殊な染物の染料の原料になる。


<カルディアの○カ>

・カルディアの赤・・・カルディア特産のカルディア竹の地下茎を原料とする。高級染料。だから、ベルガの服は高級品。

・カルディアのイカ・・・カルディアの居酒屋「カルディアの滝」の名物料理。カルディアのタコ同様、食感が本物そっくり。しかし、企業秘密なので作り方は不明。

・カルディアの丘・・・カルディアの墓がある場所。

・カルディアの坂・・・カルディアの丘に行くときの坂道。

・カルディアの鹿・・・小型のシカ。カルディア原産。乾燥に強い。

・カルディアの地下・・・汲めども尽きぬ水源のある場所。カルディア王国を支える場所。

・カルディアの塚・・・「カルディアの墓」を参照。

・カルディアの墓・・・カルディアの丘にある墓所。塚を作って墓碑を建てる。

・カルディアのバカ・・・何かに夢中になること。また夢中になっている人。
例)シムール(ナディアに夢中) ルカ(アスランに夢中?)

・カルディアの雅歌・・・カルディア宮廷の踊り子たちが踊る曲。(クラウディア女王が歌うこともある)

・カルディアの美化・・・カルディア王国の法による罰則の一つ。イルハンに与えられた刑の一つ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック