銀河英雄伝説@TAKRAZUKA 感想 2012・11・14

2012・11・14
東京宝塚劇場
銀河英雄伝説@TAKREAZUKA
原作:田中芳樹「銀河英雄伝説」
脚本・演出:小池修一郎

【キャスト】
ラインハルト:鳳稀かなめ
ヒルデガルド:実咲凜音
オーベルシュタイン:悠未ひろ
ヤン・ウェンリー:緒月遠麻
キルヒアイス:朝夏まなと
ミッターマイヤー:七海ひろき
ロイエンタール:蓮水ゆうや
アンスバッハ:凪七瑠海

【感想】
指揮がまさかのシオタクター!

音楽が銀河っぽい壮大な感じでいいですね。

銀河英雄伝説の世界は宝塚にあってるよね。ラインハルトを主役にするなら、男性より、男役のがピッタリ。
それに、貴族社会の表現も宝塚の人は半年は貴族ものじゃないかな。だから手慣れてるよね。

ラインハルトが可愛い。

最初の戦いの場面が、ちょっと拍子抜けしちゃいました。
原作読んで異常に感動したのに。

アンネローゼがもっと儚い感じでやってほしい。道原かつみのマンガがイメージしてたように。

でも、私はキルヒアイスが大好きだったので、キルヒアイスを中心に見てしまいました。
キルヒアイスが死んじゃってから原作読めなくなっちゃった。(ただの怠慢ですが。)
今回の舞台化もキルヒアイスの死ぬところまでなので、いいとこで終わっちゃった感じですね。
それにしても、キルヒアイスが死ぬところ、なんだかアンドレ(「ベルばら」の)が死ぬところみたいに見えちゃった。
宝塚じゃないバージョンも見てみたいけど、多分、宝塚バージョンが一番面白いのじゃないかなと思った。
アッキーの出てたバージョンは見に行く気、あったんだけど見そびれちゃった。

盆もセリも階段もバンバン使ってて面白かった。

娘役には役らしい役がほとんどなくて、ちょっとかわいそうな気がしました。

とってつけたようなラインダンスよりイメージに合わせたダンスで締めくくった方が良かったような気がしました。

なんてったって未来の話だから、映像が使ってあっても違和感なかった。


十分楽しめましたが、ご近所の席の老夫婦の会話によると、ストーリーがわからなかったみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ともきち
2012年11月15日 20:45
>指揮がまさかのシオタクター!

えええーっ!!!

そんなん、ずるいわ、東宝!!!
羨まし過ぎっ!

宝塚って
本当に恵まれた状況にあって

尚且つ

生徒さんたちも
新生宙組お披露目なのに
いろんなプレッシャーにめげずに
頑張ってはるんやなぁ

・・・って
もはや外野の一般人に過ぎない私も
ムラで観劇して、感激したのでありましたv

seiya
2012年11月19日 23:40
ともきちさん、コメントありがとうございます。

塩田さんの指揮だとテンション上がりますよね。

宝塚、楽しまれたのですね。
私も久々,おもしろいなと思いました。

返答が遅くなり申し訳ありませんでした。

この記事へのトラックバック