恋するブロードウェイ♪ vol.1

2011年11月3日
赤坂ブリッツ

太田基裕
大山真志
小野田龍之介
海宝直人
内藤大希
松下洸平
味方良介

スーパーバイザー:岡幸二郎
構成演出:工藤剛士

・もっくんの「僕こそ音楽」が良かった。
・若いからみんな動きに切れがあって観ていて楽しかった。
・小野田龍之介という名前に絶対見たことあるけど、どこでだっけと思って検索したら、「最遊記歌劇伝」と「サイドショウ」「ルドルフ」で見ていたのでした。
・小野田君て、ちょっと新納さんに似てるかも。
・松下君は、「リタルダンド」の息子役で印象に残ってた人。
・「愛と青春の宝塚」にオサム役で出ていたんですね。
・太田君・小野田君・松下君以外は初見。
・大山君は、年齢不詳って感じ。岡さんに「いぶし銀の声だね」と言われて喜んでる。
・海宝君は、しっかりした発声できちんと歌う感じ。
・内藤君はリズムのノリがいい感じ。
・味方君はデビューだそうで、「アニー」より「トゥモロー」を熱唱。

・そして聞きながら、本役さんはすごいなあと思い、さらに「井上君て怪物だわ」とここにいない人を思い浮かべてみたり。

・コンサート形式だから、ストーリーの盛り上がりに歌うわけでないから、歌だけの勝負だと、ストーリーと合わせて聞いたときのほうが強く印象に残っているということなのでしょう。

・アンコールの時に岡さん袖からちょっとだけ出てきて挨拶。すぐに袖に入って行かれました。

・今回の演出の方は、岡さんの次の舞台の演出もされる方ですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック