モーツァルト! 

2010 11・28
帝国劇場
モーツァルト!

【スタッフ】
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽:シルベスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

【キャスト】
アマデウス・ヴォルフガング・モーツァルト:山崎育三郎

レオポルト:市村正親

ナンネール:高橋由美子

コンスタンツェ:島袋寛子

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:香寿たつき

コロレド大司教:山口祐一郎

セシリア・ウェーバー:阿知波悟美

アルコ伯爵:武岡淳一

エマヌエル・シカネーダー:吉野圭吾

【感想】
山崎君の「モーツァルト」が聞きたくて(見たくて)行ってきました。
よかったです。やはり、歌うまいし、動きが機敏で、いいですね。
ほかに前回と違うのは香寿さんです。うまいです。
こうなると、別バージョンも見たくなってしまいます。

一回見てるので、物語がわかってるせいか、物語に関する感想はあんまりなかったです。
この曲いいよねーとか、これはだれちゃんに歌わせたいとか、そんなこと思いながら見てしまいました。

シカネーダーは、やっぱりかっこいいし、で、ちょっと悪い感じも出ていて、吉野さんいいわ~。
もちろん、市村さんはさすがだし、
山口さんの馬車を降りる処はおもしろいし。

カーテンコールは1回。
幕の後、アマデと一緒に山崎君が出てきて、ごあいさつ。
下手・上手と花道のとこまで行っての挨拶でした。
最後に自分のマイクにアマデの声を入れて「またきてね」と。
かわいかった~。


2005年の再演の感想→モーツァルト! 見てきました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック