カジュアル能 金春流「羽衣」替之型

セルリアン カジュアル能
金春流「羽衣」替之型
2010・9・3(金)
セルリアンタワー能楽堂
山井綱雄
解説と装束着付け実演
「羽衣の装束をコーディネートしてみよう!」
仕舞 加茂
    田村
    昭君
能「羽衣」替之型

【感想】
「能」は、ちょっと苦手です。
何度か挑戦したことがありますが、
まあ、眠くて眠くて。

でも、今回は、最初の解説が楽しかったです。
多数決で衣裳を決める。
それだけじゃなくて能面も決めさせてくれる。
能面は演目でこれって決まりがあるのかと思っていたら、
羽衣の天女には2種類使う面があって、小面と増女というのだそうで、
「小面」は乙女を
「増女」は神様のときつかうんで、天女はどっちかになるそうです。

作者が違うと、雰囲気が違うということでしたが、ちょいと違いはわかりませんでした。

お衣裳は衣裳とは言わず、装束というそうで、
「はく」と呼ばれるブラウスに相当するもの
「縫箔」というスカートに相当するもの
それに「長絹」をはおる。
「長絹」は羽衣に見立てる。

などというお話と、
モデル役の人たちのお茶目な感じで楽しく見られました。

パンフレットもイラストで分かりやすくまとまっていて、
文字を追えば意味はわかるなあと思いつつ、
舞台を見ないともったいないし、、、みたいな。

「羽衣」のお話自体はよくわかりましたが、
まだまだ、楽しむ域まで到達できませんでした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック