上海万博プレトーク

上海万博プレトーク
「バンディット!」の公演前のプレトーク。
前楽と大楽に行ったので、その時のことを書いておきます。
司会者は「さかもと」さんと名乗ってました。

<前楽>
衣裳についての紹介があって、奈良の遷都1300年の公式ポロシャツだから、きちんとしたときにしか着ちゃいけないということです。
桜花さんは、帽子(キャップ)もウィンドブレーカーもお召しになっていて、さらに、キャップにはせんとくんピンバッジも付けているという素晴らしさ。
ほかの出演者も、ポロシャツに少しずつアレンジを加えていました。
(裾を縛ったりとか)

さて、お題は「遣唐使船」について。覚えていることだけです。皆さんひと言ずつ話されてます。

・桜花さんは上海万博の様子。
日本館はまだ、人が少ない時期なのに多くの人が並んでいた。

・桐生さん「『遣唐使展』に行って、じっくり見てきました。皆さん勉強熱心で、桜花さんは一日かけてました。自分は、さっさと見てみんなを待ってました。」

・牧名さん「遣唐使展で、遣唐使船のお写真。とても大きかった。」
何カ月もかけて文化を運ぼうとした心意気見習いたいです。
と言ったら、「じゃ、、船で行く?」(たぶん桜花さん)
と聞かれて、
「はい」と答える処がことりちゃんだ。
司会の人が、「飛行機で、2時間半で。行ってください。危険を冒すわけにいきまっせんから」
で、二時間半の飛行機に落ち着きましたけど。


・虹架さん、桜花さんに突然「遣唐使船に乗ってなんとかかんとか(←忘れた)って中国語で言ってよ」って言われて大慌て。「せんぱーい(泣)」で、素で困ってました。

で、今日は用意してきたんですよ、と「李白の詩です。」と中国語で言われていました。
たぶんこれのことだと思う。「静夜思」http://www.dokidoki.ne.jp/home2/tokiwa/ginei/seiyasi.html

「故郷を思う」というところが仲麻呂に通じるかなと思って。
あと、「月」がポイントなんですというようなことも。

せんとくんクリアーファイルも遣唐使船バージョンのをバーンと背中から楊さんと出すというのもやってくださってました。

牧名さんは別バージョンをお持ちとか。

で、台本とかを今入れて使ってますとのこと。

・瀬乃さん「遣唐使船の復元がされていて、(写真ですけど)こんな大きな船だったのかって思った。遣唐使の人がやったように私たちも日中の架け橋になりたい。そうなれるように頑張ります」

・和紗さんも遣唐使船の復元の写真のお話だったと思う。


<大楽>

最初に上手から8人が出てきて、最後に司会者の紹介で、同じく上手から知事が。
みんなは、ワイヤレスのハンドマイク。
知事がコードの長ーいのを引っ張りながら出てきたので、途中で桜花さんが、ワイヤレスと取り替えてあげた。
そしたら、歌の時に、下手から黒子さんが出てきて桜花さんに渡すと、コード付きのを持って上手に引っ込んでった。
司会の人が気を利かせて、「目立ってはいけない黒子さんが、真っ赤な皆さんの中で一番目立ってしまいましたね。」
(大笑い)

奈良県知事の方がお見えになって、いろいろ話してくださった。
自分も子供のころ、OSKをあやめ池で見ていた。みんな美人だった。
今もだけど。

奈良と中国の、日本と中国の架け橋になってくれると思う。

玄宗皇帝はすごいんだよねと、桐生さんに向かって話しかけてました。

上海万博公演「NAKAMARO」への意気込みを。


桐生さん「玄宗皇帝のお衣裳がすごくて。」と、動きもちょっとやってくれた。

牧名さん「楊貴妃をやると伺って、プレッシャーを感じた。なんといっても、世界三大○○になっている方なので。
でも、お芝居に入って練習が重ねられてくると、役の気持ちになってこられたように思う。
お衣裳がすごくて、裾さばきとか一生懸命練習してます。(ジェスチャーつき)」


虹架さん、母校の校訓(?)を中国語で。
みんなで力を合わせようとかなんとかだったと思う。
そういう気持ちで公演もがんばりたいです。とのこと。


2回とも最後にテーマソングを歌う。


一日たつとすっかり忘れてしまうのですね。
でも、間に全く別物の「バンディット!」を見てるので、
仕方ないですよね。許して。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年06月07日 23:07
こんばんは。神無月です。seiyaさん、すごい!ちっとも思い出せないので、参考にさせて頂きました。事後承諾で、ゴメンナサイ。皆さんのほのぼのとした雰囲気とか、歌ってる時の希望に満ちて、夢に向かって進むような瞳は、今も、はっきり見えるのだけど。李白の詩も探してくださったんですね。嬉しいです。これからも、よろしくお願いします。
seiya
2010年06月07日 23:30
よ様、ようこそ!
翌日書いたから、これだけ覚えてたんで、時間がたつほどわからなくなりますよね。
この記事でよければお使いください。

「詩」は聞いてすぐにあれだとおもったので、探すのはわりと簡単でした。

>皆さんのほのぼのとした雰囲気とか、歌ってる時の希望に満ちて、夢に向かって進むような瞳

そうそう、そうでした。そういうことを書かなくちゃね。>自分。

思い出した。
遣唐使展で「吉備真備」の絵巻(?)みたいのを見て、苦労したんだなと思った。仲麻呂さんも同じような苦労をしたのだろうな、、、。というコメントをことりちゃんがしてたような。

この記事へのトラックバック