2010 春のおどり プログラム 【第一部】

第一部 ミュージカルロマン 
     桜彦 翔る! 
     エピソードⅡ 
     -黄泉へ 桜ふたたび-

第 一 場  「春のおどりA」 音楽 浦田博信 振付 伊瑳谷門取
第 二 部  「春のおどりB」 音楽 浦田博信 振付 伊瑳谷門取
第 三 部  「春のおどりC」 振付 伊瑳谷門取
第 四 場  「桜彦 翔る!」前回まで 音楽 浦田博信 ナレーション 江口直彌
第 五 場  「桜の下」 音楽:浦田博信
第 六 場  「黄泉比良坂」 音楽 浦田博信 振付 伊瑳谷門取
第 七 場  「まぼろしの郭」 音楽 浦田博信 振付 伊瑳谷門取
第 八 場  「さまよう都」 音楽 浦田博信 振付 伊瑳谷門取
第 九 場A 「再会の洞窟」 音楽 浦田博信 振付 芹まちか
第 九 場B 「再会の洞窟」 音楽 浦田博信 振付 芹まちか
第 十 場  「桜ふたたび」 音楽 浦田博信


【主な配役】

桜彦(ラセツ天標国の国王):桜花昇ぼる
ゼノビア(ラセツ天標国の女王):牧名ことり

ラバーナ(元ラセツ国の大臣):高世麻央

ヴィヴィ(アリアンローザの娘):朝香櫻子
アリアンローザ(魔女):白藤麗華

天標国 先王 (桜彦の父):緋波亜紀
天標国 先王妃(桜彦の母):珂逢こころ
ラセツ国 先王(ゼノビアの父):桂稀けいと

グリッソム(黄泉の帝王):桐生麻耶
ヘル(グリッソムの配下):平松沙理
デーモン(グリッソムの配下):真麻里都
サーモン(グリッソムの配下):楊琳
エーモン(グリッソムの配下):悠浦あやと
地獄太夫(グリッソムの配下):折原有佐
髑髏太夫(グリッソムの配下):美砂まり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

midori
2010年04月15日 23:23
公演観劇、お疲れ様でした。
いつもながらのデータアップ、ありがとうございます!
時間を置いてしまわないうちにと先ず第一部の感想はアップしました。
が、書き上げてから書き漏れていたことに気付くんですよね…。
それも、こうしてキチンとデータアップしてくださった内容を拝見してならでは。
追記という形で補完しようと思います。
感想記事も拝見しているのですが、データ系の2件にトラバさせていただきます。

>グリッソム王
スクリーンに映し出されたアップが美しくて圧倒されました。
悪役だけど美しいって最強じゃないですか?
友人も絶賛してました。
何だか鼻が高かったです。
(^^)v
seiya
2010年04月16日 00:13
midoriさん、コメント&トラバありがとうございます。
早速訪問させていただきましたが、記事にも紹介していただき恐縮です。

私の感想はぼつぼつ書いていきますし、いつ終わるかわからないです。

グリッソム王、悪役だけど美しいですか?
エヘヘ、デレデレ~。
でも、「生桐生さん」もっと見たかったという、ファンの欲望が、、、。

ちょっとでしたけどお目にかかれてうれしかったです。ぜひ、こっちでも、お会いしましょうね!

この記事へのトラックバック

  • 「2010レビュー 春のおどり」第一部

    Excerpt: 遠征の一番のお目当ては、OSK「春のおどり」の千秋楽観劇。私にとって恒例となっている“大阪の春”。66年振りに再会した松竹座公演も早いもので7年目。 Weblog: 好きなことは止められない♪ racked: 2010-04-15 23:17