アクサル「八犬伝」感想

2010・2・14
シアター代官山
アクサル
八犬伝

【感想】
 おもしろかった。
「八犬伝」がコンパクトにまとめられてました。
(脳内でいろいろ補ったけど)2時間でよくまとめたなあと。
本当は何十年もの時間が過ぎてる話で、信乃とか、本当はものすごく年取ってるはずなんだよね。(たしか)

親兵衛は少年で出てきてるけど、赤ちゃんから始まってるはずだし。

まあ、いろいろ言いたいことはあります。
でも、総じていえば、アクションも良かったし、テンポも良かったし、見てて飽きなかったところはよかったと思います。

劇場は小さかったです。
で、たぶん前列2列をつぶしてました。
でも、狭い。
あの大きな旗をぶんぶん振り回すと本当にぶつかってることもあって、大変だろうなと思いました。

やっぱ、アクション・ダンス・殺陣はすごく訓練されている。迫力がすごい。
で、私は、もうちょっと日本物テイストがほしかったなあと思った。
せめて、女物で踊るところくらいは。

おかしかったところは、伏姫と八房のお遊びコーナー。
こういうの必ずあるんですね。
で、一人呼ぶらしい。
今日は田中さんが呼ばれてました。

<気になったところは>

・衣裳・・・今回は時代物だから、もう少しきちんとしたものでもよかったのでは?
     特に八房の衣裳、「八つの牡丹のような房」がついてるから、八房という名前になったのだから、せめて、そ     れがわかるようなデザインにできなかったのかしら?

・安房の「富山」は「とやま」じゃなくて「とみさん」です。
  http://yamaon.ojaru.jp/tomisan.htm
  この地名は、ある意味個人的によく知ってる場所なので、セリフの中に「とやま」が出てくるたびに「違う!」と心の中で叫んでしまって。
  ご覧になった方、脳内で訂正しといてください。



【トークショー】
 夜の部でした。
 出演は最初、斉藤×古川でした。途中から柄谷さん、加藤さん出てきて、田中さんも。
 バレンタインの話題から、逆チョコへ。
 古川さん、中学のときバレンタインデーに女の子が家まで届けてくれた。で、そのこに「好きな人いる?」って聞かれて、その子のことを好きだったから「うん」って言ったら、悲しそうな顔して帰られちゃってそれっきりだったという。
 斉藤さんは、逆チョコをしたら、場所を考えてなかったので、困らせてしまったとか。
そこで、今日はこちらから、と言って3個ガーナチョコに写真付きのプレゼントですと、じゃんけん大会、開催。
 その後、柄谷&加藤コンビから一個だけ逆チョコ。
 田中さんからも1個ってことで。
 盛り上がりましたね。
 私は一回目は残れたけど2回目で、座る感じで、もらえませんでした。(誰かのファンってわけでもないからいいんです。)

 最後は、西村大輔登場。
 締めのあいさつの途中で照明切れるという演出。

最後は笑って帰れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

華崎
2010年02月15日 00:24
即日アップありがとうございます!
全体的には楽しんでもらえたようで嬉しいです。

大阪公演はABCホールで、OSKの「Blue amber」のところなので、劇場の大きさが多分全然違いますよね(シアター代官山は行ったことがないのですが)
どうして東京はそこにしたのかなあ。
アクションが売りだと、狭かったらどうしても無理が出てきますよね。

「富山」ですが、八犬伝では「とやま」と読ませる、という説もあるみたいです。(「伏姫の死」のところ)
http://www.mars.dti.ne.jp/~opaku/hakken/01/guide201.html

トークショーのご報告もありがとうございます。
中はバタバタなんだろうなあと思うんですが、楽しませてくれたのですね。
seiya
2010年02月16日 21:48
華崎さん、こんばんは
コメントありがとうございます。

ABCホールは250席くらいでしょうか?
シアター代官山は123席と書いてあったけど、2列つぶしてました。当日券用に補助席も出していたようですが、全部は埋まってませんでした。ここは、横幅も狭くて、全員が横並び一列になれないために、ちょっと中央部分に向けて斜めにへこむ感じに並んでのご挨拶でした。

シアター代官山は、劇団ひまわりの事務所のシアターだから、ここにしたのではないかしら。(想像ですけど)

富山は八犬伝では「とやま」と読ませるのですか。
千葉に行くたびに八犬伝で有名な「とみさん」ですと地元の方に言われて、耳で覚えているので、どうしても違和感が、、、。
それに、「とみやま」町も合併で、町の名前でなくなっちゃうし、、、、。
地名を変えられちゃうのはそれが、たとえ、滝沢馬琴といえども、ちょっとどうかなーって気がしちゃいますね。フィクションだから技と変えたのでしょうけど。(すいません愚痴です)。

トークショーは、けっこう時間いっぱいやってくれたようですよ。スタッフさん見て、「巻きですか?」っていうやり取りしてたくらいですから。

あと5回、無事に終われるといいですね。

この記事へのトラックバック