「俺天!」

俺たちは天使だ!
NO ANGEL NO LUCK
地球滅亡30分前!

2009・9・6
池袋サンシャイン劇場

【キャスト】
乾京介:渋江譲二

当麻優希:鎌刈健太

弦巻剛:藤田玲

若林時宗:山本匠馬

加賀美由紀彦:載寧龍二

藤波心:秋山奈々

仲元寺正美:林修司

御手洗佳代/ミジャルタ王国女王:山下裕子

トウドウ:累央

藤波昭彦:小野寺昭(映像出演)

【スタッフ】
脚本:鈴木哲也/本田誠人

演出:細川徹


【あらすじ】
現在テレビシリーズが放映中で、その話を踏まえて、乾キャップが麻生探偵事務所の仲間を集める。
麻生探偵事務所、開いたばかりで、閑古鳥。
乾キャップが、仕事の依頼がないかと悩んでいると、
御手洗佳代、登場!
気のイイ、おばさん。
迷い猫の飼い主を探してほしいという依頼。
乾キャップは引き受ける。
そして探しているうちに、地球の危機にかかわっちゃうという。
事件は解決するも、30万の赤字!

【感 想】
前楽に行ってきました。
まあまあ面白かったです。
笑えたし、アクションすごいし。
でも、ちょっと、映像使ったブーメランとか、もたついてる感じだったな。
細かいところを言えば、ちょっと、、、、ってところもあったけど、この脚本むちゃくちゃ-とまでいかなかったしということで、「まあまあおもしろかった」です。
☆三つ。

出演者にものすごい思い入れがあればもっと面白いんだろうけど、
私の知っているのは、藤田玲クンと、林修司さん。
どちらも、ちょっと知ってる程度だし。

でも、二人とも、面白いし、ものすごく動いてました。
二人に限らず、ほとんどみんなアクションシーンの連続ですけどね。

・自動車とオートバイと自転車のシーン。おかしかった。
こういうのが、舞台の面白さだよね。

・その次の自動車とオートバイと、激走する警察官。
林さん、おかしすぎる。

・バイトシリーズ
(ダーツが、バイト遍歴をジェスチャー交えて語るというアドリブ場面。
キャップが、次々にいろんなバイトを言うのに、無理なのも混ぜてくる。)
で、「キャビンアテンダント」がおかしかった。

・回想シーンで、藤田君がキャップの過去をやってるときは、なんとなく、それっぽかった。
けど、鎌刈(キャップ)・山本(ナビ)が出てきたときは、それだけでおかしかった。
それを解説する渋江キャップと、藤田ナビがさらに笑いを生みだしていた。

・アンコールで、藤田玲クンのお誕生日を祝ってハッピーバースデーを歌うびっくり企画があったのですが、
本当に藤田君がびっくりしていて、かわいかった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

夏時雨
2009年09月07日 23:56
 大楽ではなく、前楽で藤田君のバースデーやったと聞いて、大楽じゃなく前楽「に」行くんだった、とちょっと後悔しました(笑)。
 これが前楽「も」行くんだった、にならなかったのがこの舞台への私の評価かなーと思います。

 もうちょっとテンポを早くして1幕にすれば、もっと楽しかったと思うのですが。(でもテレビに比べれば、数十倍面白いですorz)脚本が丁寧だっただけに、そこら辺残念かなと。

 映像を使ったブーメランについては同じ意見です。
seiya
2009年09月08日 22:35
大楽でもやるのかなーなんて思ってたんですけど、前楽だけでしたか。

おっしゃる通り、一幕で終わればスピード感が増していたかもしれませんね。

テレビまではとても見ている余裕がないので、このまま見ないでおこうかと、、、。



夏時雨
2009年09月09日 18:16
テレビは見ないほうがいいです。

昭和版のファンはかなりの高確率で怒る出来です。そして平成版しか知らない人も、とっとと観るのを止める出来です……。
seiya
2009年09月09日 20:41
そこまで、ですか。

かえって好奇心が、、、。(笑)

この記事へのトラックバック