簡単、源氏人物紹介(2)

では、第2弾です。源氏の正妻葵の上からいきます。

葵上
左大臣の娘。
プライドがたかーーーーい。お嬢様。
本当は別の人と結婚する予定だったのに、急遽源氏との縁組が決まってしまった。
年上です。
ぜんぜん、心が通い合わないのね。
でも、二人の間には「夕霧」という息子が生まれます。
最後には、六条の御息所の生き霊にとり殺されてしまいます。
死ぬ前にちょっとだけ、夫婦っぽくなれる。
自分以外に通いどころがあるのっていやな気分でしょうね。
それがたとえ、普通の常識であったとしても。

六条の御息所
彼女は、先の皇太子の未亡人。
旦那さんが早死にしちゃった。
教養も美貌も言うところなしの完璧な人。
いつのまにか、光源氏の愛人になっちゃってまして、
「愛人」という立場と、自分のプライドとでものすごく苦しむ。
表面上は源氏のほかの女のことは気にしない風ですが、葵祭のときの「車争い」で、葵の上の車と場所をめぐって争って、それで、葵の上に嫉妬心を燃え上がらせるわけです。

そのまえに、同じ愛人である夕顔を取り殺すということもあるんです。
おーこわっ。

娘が伊勢の斎宮になるのを機に都を離れる。(=源氏と別れる)

二人とも家柄もいいし、教養もあるし、美人だし、とにかくすごいんですよね。
で、二人とも年上。
源氏はあんまり心が安らがないってんで、もっと、気安く付き合える女の人がいないかなーと思っていたら、なんと、ちょうど、いい感じの人に会うんです。

夕顔
夕顔さんは、中流階級の人。町に住んでたんですね。
実は葵上のお兄さんの頭の中将の恋人で、女の子も設けていたという人でしたが、身分の違いから、頭の中将はなかなか、夕顔に会えなくなっていた。
そのことは黙ったまま、源氏と付き合う夕顔さん。
とても、女性らしくて、弱弱しくて、源氏に頼り切り。

夢中になっちゃって、二人で、どっか、あんまり人のいない所にいきましょうなんていって、出かけたら、もののけにとり殺されちゃう。
源氏も初めて、ひとが死んじゃうのを見たもんだから、結構ショックで、病気になって、北山へ加持祈祷に行くと。

頭の中将
この人は葵上のお兄さんで、源氏のよき友人になるんだけど、恋の上ではライバルになったり、壮年期には政治上のライバルになったりと、いろいろ立場が変わるんですよね。
あ、それから、彼の息子が柏木です。
左大臣の息子ですから、そりゃ、身分は高いし、能力もある。

二人が「青海波(せいがいは)」を踊るところは、レビューシーンとして作ることができるかもしれませんよね。ということは、高世さんの可能性が高いのかな?

あ、あと、「雨夜の品定め」も有名ですよね。

さあ、もう少しサクサク進めましょう。

惟光
源氏の乳母の子。
いつも、源氏と行動を共にする。
幼馴染でもあり、腹心の部下でもあり。
男役が少ないから、この役はないかもしれませんけど。



朧月夜
朧月夜さんは、弘幑殿の女御の妹。
このひとは、本当は朱雀帝の女御として入内する筈だったんだけど、源氏の恋人になっちゃって、女御じゃなくて内侍の尚侍になっちゃう。
弘幑殿は、怒って、源氏を失脚させる。


明石の君
失脚した光源氏は須磨に流されるが、明石の入道の夢に源氏をお迎えせよというお告げがあって、明石へ移る。そこで、明石の入道の娘明石の君に会い、二人は結ばれる。
地方出身という負い目をいつも感じていて、でしゃばらないけど、とても教養深い、で、本格的に恋に落ちちゃう。二人の間にはのちに明石の中宮になる娘が生まれる。

女三宮
うーん、この人どういう人なんでしょう?
説明しますと言っておきながら、できません。
ごめんなさい。

ストーリー上では、朱雀院(朱雀帝)の娘で、とても幼いから、しっかりした婿を迎えたいと思っていて、よーく考えたら、自分の弟光源氏しかいないって見込まれて嫁いできたんですね。
で、頭の中将の息子の柏木が、横恋慕して、で、ある日、忍んで行って、関係をもっちゃう。女三宮光源氏の正妻でありながら、不義の子を生む。
その後、出家。

源氏が、自分の子供ではない子を自分の子として育てる。
桐壷帝が自分の子供でない冷泉帝を育てたように。
という因果応報を見せるためのキャラクターなのかしら。

そうそう、光源氏藤壺に縁ある人だから、女三宮と結婚したんですよ。

つくづく、源氏ってどうしようもない人だよなー。


末摘花
えーと、「末摘花」=ベニバナ=赤花=赤い鼻
落ちぶれ貴族の娘。


花散る里
この人も、あんまり美人じゃないけど、お裁縫が得意。
主婦って感じ。
夕霧のお母さん代わり。

朝顔の君
源氏のことを好きなのかどうかわからないけど、全然付き合わずに出家しちゃう人。

空蝉
中流貴族の人妻。
この人は、紫式部自身がモデルといわれています。
一度は関係しちゃったけど、あとはもう、拒否し続けて、
襲われてきたときに衣だけ残して、本人は逃げちゃっていたというエピソードから、「空蝉」という名前に。


他にもたくさんの人が出てきますが、(3)では、子供や孫の世代を取りあげます。

NewOSK日本歌劇団を応援してます!









新源氏物語 (中)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック