簡単、源氏人物紹介(1)

「あさきゆめみし」のあと現代語訳の源氏物語を読んだ。田辺聖子先生のだ。
わりとすんなり読めた。あさきゆめみしでだいたいこんな人というのがわかっていたからね。
簡単、源氏物語 人物紹介。私の個人的解釈ですから、真にうけないでくださいね~。

桐壺帝
光源氏の父。桐壺の更衣を寵愛したために、さまざまな問題が。
光源氏を猫可愛がりしたせいでさらに問題が。
そして、藤壺の女御を光源氏の母親がわりにさせたりして、さまざまな問題の種を植えた人。

桐壺の更衣
光源氏の母。
桐壺帝の寵愛を受けたが、宮中の女性を敵にしてしまい、ストレスで病気になって死んでしまった。
弘幑殿の女御に憎まれていた。

弘幑殿の女御
桐壷帝の一の皇子の母。
右大臣の娘。
最初に入内したらしい。
朧月夜の姉。
光源氏を敵視する。

一の皇子のちの朱雀帝
桐壷帝の第一皇子。右大臣の孫でもあるので、将来帝になるはずの人として世間から見られていた。ただし、中身は普通の人だったっぽい。で、スーパーハイセンスできれいな光君といつも比べられてたと思うと、ちょっとかわいそう。
だけどね、自分の娘(女三宮)を光源氏の正妻にしようとするのはどうかと思う。

桐壷帝はそれなりに、大事にしていたらしいけど。
そうそう、朧月夜をめぐって、光源氏と対立するなんてこともある。

光源氏
桐壷帝の第二皇子。母は桐壷の更衣。
更衣というのは女御よりも身分が低い。
そして、桐壷の更衣のお父さんはなくなっているので、頼るべき後見人がいない。
それで、お父さんである桐壷帝は源氏を皇族じゃなくしてしまって、臣籍にくだしちゃう。
元服のときに、源氏の姓をたまわる。

「光」というのはなんでついてるのかっていうのがものすごい小さい時の疑問だったんですよ。
名前として、変でしょ。

生まれたときからこの子は普通じゃないくらいに美しかったんです。
自ら光っちゃうから、「ひかるきみ」と呼ばれていたんです。
本名は原作に出てきません。

自ら光ってるってとこが桜花さんにぴったりですよねー。
期待してます。

今のとこ、桜花さんだけしか配役がわからないので。

さて、光源氏は、藤壺の女御が入内したときまだ、子供だったので、お母さん代わりになってもらう。それで、なつくんですね。で、道ならぬ恋に落ちちゃうというわけです。

簡単じゃないなあ。
じゃ、次。

藤壺の女御
桐壷帝の中宮になる人。
桐壷の更衣の死後、入内。皇族出身。
光源氏の母親代わり。それがいつしか恋になって・・・。
不義の子、冷泉亭を生みます。
若いのに出家します。冷泉亭が帝位につくとき、光源氏を後見人にして。
賢くて、美しくて、立派なんだけど、最終的にはものすごくかわいそうな人だなあ。

この人との恋に悩んで、光源氏は次々といろんな女性を求めてさまようことになるのです。

「継母」に恋をしたわけでしょ。
で、本当のお母さんによく似ているということだから、
源氏の恋というのは、マザー・コンプレックスか、と。

だってね。

紫の上
この人との出会いを考えてみてください。
自分は「わらわやみ」で、病気平癒の祈祷に来てるのに、良くなったからって、「垣間見」するんですよ。
藤壺の女御の縁ある人が尼になってるって、その家をのぞくと、藤壺にそっくりな女の子を発見。
もう、ほしくてほしくてたまらなくなって、ついには、つれてきちゃうという、なんというか、略奪婚?
自分好みの女性に育て上げたいというね。

今だったら、考えられないよ。
こういうのって男の人の夢なんだろうか。
紫式部って、すごいなあ、やっぱり。

若紫から、紫の上になって、ほぼ正妻として扱われていたんだけど、
最後の最後に女三宮が、降嫁してくるもんだから、信じてきたものが打ち砕かれてしまう。
一番かわいそうな女の人かも。

それに、子供を持つことができなくて、明石の上の娘を引き取って養育するのも、
「あはれ」ですよね。


新源氏物語 (上)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック