真田幸村 メモ

予習しようと思ってたんですけど、NHKの「そのとき歴史が動いた」をみただけで、ほとんど予備知識なく見に行きました。で、今、復習してる感じです。

戦国時代にはあんまり興味がなくって、、、。立川文庫読んだことある方っていらっしゃるんでしょうか?

信州上田 真田ロマン
作品
アニメが見られる。そして、才蔵が女の子!?
真田群雄伝


たまたま、「大阪の歴史」第66号を手に入れたばかりで、そこで、小南陵さんが立川文庫について解説されていました。
猿飛佐助などがどのように出てきたのかなどと書いてありました。
十勇士になったのって大正になってからだったみたいです。


ああ、まだ、感想が書けません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちどり
2007年08月12日 00:13
なんか「歴史が苦手でよくわからん」って声をよく耳にしましたが、そんなに知識必要でしたか?私も苦手どころか「へー。真田幸村ってそーゆーひとだったんや。」と口あけて見てた人間ですが。
関ヶ原の戦いと大坂の陣があった、ということくらい把握してれば充分な内容だったと思うんですけど・・。まあ要するに悪い家康が、かわいそうな豊臣をやっつける、その豊臣方について死んでいったのが真田幸村だ、と、それだけだったような気が・・・。
seiya
2007年08月12日 10:17
ちどりさんコメントありがとうございます。
私も、お芝居自体は「へーそーなんだー」と思って見てましたが、観終わってから、いろいろ、これは歴史的事実なのか、創作なのかということを知りたくなったというところです。
あと、真田十勇士とはどんな人がいるのか、全然知らないから、本当に十人出すとしたら、どんな人がいて、誰にやってもらったらいかなあ、なんて、妄想するために調べてるってわけです。

この記事へのトラックバック