おちくぼ姫 

日本版シンデレラストーリー「おちくぼ姫」
田辺聖子作
おちくぼ姫

世界舘の演目にいかがでしょう。
源氏物語ほど高尚じゃないけど、わかりやすいストーリーで、
王朝物で、恋物語と、勧善懲悪。
これだったら、たくさん人間が出なくてもいいので、できるんじゃないかなあと思いました。

【登場人物】

おちくぼ姫・・・中納言の先妻の娘。皇族の血を引く母の娘。お裁縫が得意。心のやさしい美しい人。
右近の少将・・・おちくぼに心を奪われてしまう。

帯刀(たちはき)・・・右近の少将の乳兄弟。
阿漕(あこぎ)・・・おちくぼの乳兄弟。たちはきの妻。ちゃきちゃきしたやり手。
蔵人の少将・・・三の君の夫。右近の少将の友人
中納言の三の君・・・妹。
中納言の四の君・・・妹。
面白の駒・・・四の君に恋してしまった男。

中納言・・・おちくぼの父。北の方の言いなりになっている。
北の方・・・おちくぼの継母。おちくぼ姫をいじめ抜く。

帯刀の母(右近の少将の乳母)声だけでいいかな~。
あと、おちくぼに北の方が勝手に決めた許嫁。おじいさんのお医者さん。この人はちょっとしかでないから、誰かの二役目でいいか。 

12人必要なんだ。でも、蔵人の少将と三の君は、出さなくてもいいかな。
8人。
じゃ、ちょっと多いですかねえ。
中劇場で、やることを想定してっていっても、人数が必要な場面があんまりないんですよ。
大体、2~3人で場面ができちゃう。
ものすごく派手な場面というところはない。

さて、キャスティング。
誰をどうするか。
これが迷ってしまうんですけど、
阿漕だけは決まってるんです。
珂逢こころちゃんです。とにかく頭の回転が速くて、くるくると良く動いて、何でも良く気がつく。帯刀に「私以外の女の人とつきあっちゃだめよ」とか平気でいっちゃう所なんか、是非こころちゃんでみてみたいなあ。

右近の少将は高世さんがいいかな。
そんでもっておちくぼ姫は櫻子ちゃん。(だと普通か。。。。でも、いい。)

帯刀は貴城さん。
蔵人の少将は真麻里都。
中納言とお医者さんは二役にして桂稀さん。
面白の駒は蒼音くん。

北の方を美砂さん。
三の君は琴野さん。
四の君は鈴峯さん。

いかがでしょう?
でも、また新キャストを追加で書くかもです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック