安徳天皇漂海記

宇月原晴明 著

一部と二部に分かれていて、
一部は一人称。読みにくい。
我慢して読む。主人公は実朝。悲しかった。

二部はマルコ・ポーロが出てくる。
これも悲しい話。
最後がちょっとアニメチックだった。




安徳天皇漂海記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック