2005年を振り返る OSK編

まずはNewOSK関連の観劇作品を並べてみます。(小文字は外部作品です)

1月 「ダンディ」 世界館
4月 春のおどり 松竹座
4月 六條山縁起 東山本願寺
5月 レディ・レインの肖像 世界館
6月 アメイジング アートスフィア
7月 スターダスト・レビュー 世界館
8月 サンライズ アピオ大阪
8月 「真夏の夜の夢Ⅱ 安寿と厨子王物語り」 太閤園
9月 ダンディ再演 世界館
9月 月光少年 博品館
10月 武生菊人形大劇場
11月 クラブ・タキシードⅡ 世界館
12月 Winter Prelude 世界館
12月 和が歌ブギウギ 松竹座

結構頑張って見に行きました。うん。
で、考えてみましたが、やはり、世界館は世界館で順位をつけた方がいいかなと思いますので、
まずは世界館ベスト3を。

1 スターダスト・レビュー
2 レディ・レインの肖像
3 Winter Prelude
次点 クラブ・タキシードⅡ

なぜ、ダンディが入らないのか、自分でも不思議です。
ええ、もう、嫌いなことはないんです。でもでも、スターダストレビューを見ちゃったら、いろんなこともっとできたんじゃないかと、、、、。

全体公演はほとんど見に行ってないので、なんか順番を着けるのに気が引けますが、でも、

1、武生
2,春のおどり
3,サンライズ

サンライズは、結構楽しかったけど、お芝居の方を後から考えると、「ちょっとおかしいんじゃない」っていうことがいっぱいあるから「3」です。
六條山の緋波さんがおとうさんで、高世さんが息子の、あの話も捨てがたいのですが、、、。

OGと外部出演作は一般と一緒に次回、評価します。

ちょっと時間がかかってしまいました。
コメントお待ちしてま~す。

http://kangeki-nikki.at.webry.info/200601/article_7.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック