雑談

・ボレロ
友人がブログを始めた。バレエファンだ。とても、全てにはついていけないが、時々はついていける(こっちも知ってる)話題が載る。
今回はジョルジュ・ドンのボレロについて、書いている。伝説のボレロ。見てみたかったなあ。
「天才柳沢教授の生活」の漫画家山下和美さんも絶賛していたし。
生で見た友人がうらやましい。

・アイスダンス
で、思い出した。ボレロをアイスダンスで踊ったトービル&ディーン組のサラエボオリンピックの演技。素晴らしかったなあ。涙が出てきたくらい感動した。
そのころはまだ、全然歌劇にも興味がなかったけど、昔からダンスとか、お芝居にはやけに感動しちゃう質ではあったかもしれない。
それにしてもトービル&ディーン組のボレロもう一度見たいなあ。

・シアターガイドの7月号にタナボタの特集。
今回の公演は出張で見に行けないが、そう言うこともあるかとあきらめる。
そうそう、7月の歌劇ビジューは断念。だって、また出張なんだもん。
7月「世界舘」もあやしい雲行き。

・「ぬしさまへ」
買いました。第一話のみ読む。短編なので読みやすい。
ぬしさまへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

midori
2005年06月08日 11:55
>アイスダンスで、思い出した。ボレロをアイスダンスで踊ったトービル&ディーン組

感動的でした!
というか、ビックリしました。
あのペアの素晴らしさって、卓越したオリジナリティだと思います。
女性もスタイルが抜群に良いという訳じゃあないのに、軽やかで。
プロになってから観た、スコットランド民謡を使ったプログラムも、“なぜ、そういうワザを思い付くんですか?!”という連続で。
ドキドキして、気付いたら泣けてきちゃうの。
アイスダンスの1曲の何に“物語性”を持ち込んだパイオニアですよね!
midori
2005年06月08日 13:49
入力ミス!すみません(><)
1曲の何に→1曲の中に

スコットランドじゃなく、アイルランドかもしれません。
イギリス出身ですものね。
(^^;
midori
2005年06月08日 13:56
更に追加。
音楽の感じがアイルランドぽかった気がして独断と偏見での印象です。
すみません!!
(ーー;
seiya
2005年06月08日 21:16
midoriさんもごらんになっていたんですね。
プロになってからのはちょっと記憶にないのですが、プロ転向後も結構活躍していましたよね。
その後、どっちかがフランスのコーチになった気がする。

>アイスダンスの1曲の何に“物語性”を持ち込んだパイオニアですよね!

それまでは、いわゆる社交ダンスって感じだったのに、「ボレロ」は一つの世界を作ってましたよね。
prairie
2005年06月10日 06:38
ジェーン・トービル&クリストファー・ディーン組は、私の好きなアイスダンス・ペアの頂点に立っている二人です!あの「ボレロ」を見終わった後の感動と、オール6.0満点のスコアが出た瞬間を鮮明に覚えています。衣装もラヴェンダー色で素敵でしたね。あの素晴らしい「ボレロ」をもう一度観たいです。確か、あの二人の「ボレロ」の後に、あまりにも氷の上に倒れるようにして寝る「寝技」(笑)を使うペアが増えたため、一時期アイスダンスの規定で寝技禁止になったんですよね。現在は再び解禁になったみたいですが。。。それにしても当時の「ボレロ」ブームに拍車をかけたのが、トービル&ディーンが氷上で織り成す素晴らしい世界だったと思います。
midori
2005年06月10日 16:28
prairieさん>
初めまして!
週末、ユックリお邪魔させていただきます♪

seiyaさん>
>どっちかがフランスのコーチになった気がする

多分、トービルがデュシネ兄妹のコーチをやってたことですよね。
デュシネ組も、ビックリするようなワザで物議をかもしてましたから。
彼らは異性であっても、兄妹であることで他の組とは違う表現で男女ペアのありようを見せてくれた気がします。
seiya
2005年06月10日 21:13
prairieさん>
>確か、あの二人の「ボレロ」の後に、あまりにも氷の上に倒れるようにして寝る「寝技」(笑)を使うペアが増えたため、一時期アイスダンスの規定で寝技禁止になったんですよね。

そうだったんですか。確かに一時期寝技はやってましたよね。

midoriさん>
デュシネ兄妹でしたか!
独特の表現をするペアでしたね。トービルのコーチを受けていたんですか。納得。
雪乃
2005年06月11日 08:10
seiya様。
こちらにコメントもせず失礼いたしました;
トービル・ディーン組のアマチュア現役時代は見たことがなくて;伝説のボレロは是非見てみたかったです。アイスダンスは、彼らがプロとして参加したリレハンメル五輪の頃に最もはまってまして、当時のご贔屓はウソバ・ズーリン組。話題はトービル組に攫われ、金メダルはグリシュク・プラトフ組に攫われるという、不運なペアでした(^^;
midori
2005年06月11日 18:43
思い立って探したら、ビデオが出てきて午前中に見ました♪
トービル・ディーンのプロ大会と、デュシネ兄弟が優勝した世界選手権のエキシビション大会の時です。
1本のビデオに入ってました!
(*^^*)
解説の人が言ってましたが、コーチをしたのは、ディーンの方だそうです。
因みに、ウソバ・ズーリンは2位で、あの「枯葉」を滑りました。
seiya
2005年06月11日 20:47
ウソバ・ズーリン組もものすごく人気がありましたね。トービル・ディーンのあとはウソバ・ズーリン組だろうと言われていたのを覚えています。でも、なんとなくデュシネ兄妹を応援していました。
トービル・ディーンのあとは、アイスダンスの最高のものをみてしまったという感じから抜けられません。
冬のスポーツ中継のフィギュアスケートは割と見ますが、現在は、あのころのようには熱心ではなくなってしまいました。
ディーンさんはまだコーチをしているのでしょうか?それなら、今育てている選手を見てみたいものです。

この記事へのトラックバック

  • トリノ オリンピック・フィギュアスケート

    Excerpt: いよいよトリノオリンピックがはじまりましたね。 私はフィギュアスケートを見たいと思ってます。 日本選手だけでなく、各国のトップレベルの選手を見られることが楽しみです。 Weblog: ミュージカル・歌劇 観劇日記 racked: 2006-02-25 21:35