奈良ロイヤルホテルクリスマスディナーショー②

昨日書いたのはあらましでしたから、今日はそのほかに気がついたことなどを書いておきたいと思います。

☆萌さん: いつもとちょっと違う髪型だった。すごいいい感じだった。
☆やっぱり、桜花さん: 娘役さんに囲まれてるときにいい感じ。(これは、振り付けのせいもあると思うけど。)
☆若木さん:かっこいい。かわいい。
☆朝香さん:色っぽい。かわいい。
☆折原さん:一回出てくるところに間に合わなかった気が、、、。でも、かわいい。
☆桂稀さん:おお、若木さんをリフトしたよ~。
☆陵さん:歌上手い~。いい声。
☆桐生さん:かっこいい。


☆リフト
 もう、何種類もいろんなリフトがあって、男役さん、力持ち!
☆衣装
 多分、桜花さんは10着近く着替えてたと思います。
 2,3着かなーと想像していたのに。流石「歌劇」です。

☆全体の印象
 昨日も書きましたが、3回も客席に降りてきてくれまして、間近にみなさんを拝見できました。
 お腹が一杯になる感じでした。
 もう、だって、萌さんにっこりで、目の前で歌われたのに、私硬直しましたから、、、。
 いけない客ですね。舞台に上がられるとホッとしちゃいました。

 ダンス、ダンス、ダンス。
 みなさんもう、汗キラキラで、踊っていらして、本当にもう、1時間半があっという間でした。

 ただ、いろいろありすぎて、どこがメインだったのか?と聞かれるとちょっと答えにくい。
 山、山、山でした。
 超豪華な幕の内弁当のような印象です。みんなとっても、美味しいけど、どれがメインだったのかわからない。思うに、もっと見たーい聞きたーいという気持ちの途中で結構あっさり次の場面になっていたかもしれません。おかげで、私の気にする「ぶつ切り」状態が少なくて、その点では良かったのですが、、、、。衣装が替わると、場面のカラーも変わってしまうから、めまぐるしく変わっていくから、目は嬉しいけど、印象としては散漫になってしまう。どちらがいいかは好みの問題でしょうね、きっと。
 ちどりさんが「中村一徳先生のショーの印象がない」という感想を書いていらして、もしかして、これが原因かもしれないと、新幹線でそんなことを考えつつ帰京したのでした。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちどり
2004年12月27日 21:28
見たかったです・・・。でも行ってたらぶっ倒れてたかも。(ハードスケジュールだったので)そういえば「中村一徳の謎」を解き明かす絶好のチャンスだったのでは・・・。(ううう)中村一徳といえば、アウィーナを見にいらっしゃってて、「私、何であなたの作品に、ぐっとこないんでしょう?」と本人に聞いたりしてね、とふざけていたら、某氏に本人の前まで引っぱって行かれてしまいました。のど元まで「『サラン・愛』は国立平壌芸術団の春香伝がモデルですね。」と出かかったのですが小心者の私は「でへでへでへ。がんばってください。」とお茶を濁してしまいました。ディナーショーのロビーは論争する場ではないからそれでよかったのですが・・・。「でへでへでへ」はないだろう・・・。
seiya
2004年12月27日 23:24
本当にハードスケジュールですね。ちどりさん大丈夫ですか?
いやいや、「でへでへでへ」以外に手はないと思います。
雪乃
2004年12月29日 11:54
 はじめまして。
 奈良ロイヤルの詳細なレポートありがとうごぞいます。私は20時の回の方をみましたので、昼の部のトークの内容がわかって嬉しかったです。夜の部では桐生さんがクリスマスの思い出で「クリスマスのお菓子が入った長靴に足を入れたら、つぶれちゃいました。」という話をされまして、桜花さんがすかさず「大きいからねー」とつっこんだら、「いえ、子供の頃の話です」と反論されてました。どんな新年にしたいかという質問には、「箱根駅伝みます」と答えた桐生さん、イイ感じでした。若木さんは、夜の部のトークでもボケをかましてました(^^;
seiya
2004年12月29日 14:01
はじめまして、雪乃さん。ようこそいらっしゃいました。
20時の部のお話、教えてくださってありがとうございます。
長靴に足を入れちゃうなんて、桐生さんらしいですね。
箱根駅伝ですか、実は実家がコースの近くなので、見に行けちゃうんですよね。でも、きっとテレビだと思いますが。
若木さんのボケどんな感じでした?
どうぞこれからもお気軽にお越しください。

この記事へのトラックバック