武生千秋楽

11月3日(水)千秋楽公演に行ってきました。


NEWOSK日本歌劇団武生公演
武生菊人形大劇場
 
いつも以上に力が入っているように感じた。

トークコーナー
1回目 兵庫の人と聞くと貴城・美砂さん登場。オススメの場面はの問いに二人とも「ジャパナ」と答える。
2回目 大阪の方で緋波さん下手から上手へ抜けて行く。
 大和市の人で高世さん登場オススメはデュエットダンス「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」は歌がメイン。お終いのはダンスがメインです。北原さんを呼ぶ。ふたりで手をふりながら退場。
3回目 武生グランドホテルの派手な人達で高世・北原以外登場。
ここで洸弥さん一人で上手に引っ込んでしまいみんなにおいでおいでをされても出てこなかった。下手から再登場で皆様から拍手。
 緋波さんコメント「ザッツエンタテイメントが次にあるんですけどくるくる変わる万華鏡のような場面ですどうぞお楽しみください。」
 蒼音くんコメント(桐生さんにちゃんと答えるんだよと促されて)
「マリアという男役5人で踊る場面なんですけど、かっこよい踊りなので見てください。」
しっかり話せてました。声が結構低いんですね。初めて聞いた気がします。
稜さんが桐生さんを「お兄さん」と呼んだのを桐生さん気にして「お兄さんじゃないといいながらそこんとこ微妙なんだ。後でね」と言ったり、桐生さんは大野市にこだわり稜さんは越前町にこだわりがあり、おかしかった。
 
大楽は高世さんの挨拶
「NEWOSKになって一年半になります。昨年もこの武生で愛美しき旅立ちという公演をさせていただきました。今年も地元スタッフはじめ関係各位に大変お世話になり無事千秋楽を迎えることができました。来年もまた、どうぞよろしく。
ニューOSK は十一月に専用劇場をもつことができました。(拍手)柿落とし公演があります。また来年の四月二日からは春の踊りがあります。その他にもたくさんの公演を予定しています。皆様のお越しをお待ちしています。
本日はありがとうございました。」(拍手)
ルネサンスOSKの合唱で幕。

(それぞれの言葉は内容がこんな感じと言うことでそっくりそのままというわけではありません)

2回目はど真ん中でみた。後ろから二列目だけど、でも、やはり、センターという言葉の意味を知る。いつも、ど真ん中に高世さんが来る。
それから、そういうふうになっているのかと新たな感動も。群舞は遠くからフォーメーションを見ることも大切ですね。ジザベルの振付がものすごく凝ってたんだとやっとわかる。すごいとは思ってたんだけど一点集中で見てたから今日改めて気がつきました。ビデオが出ないと知りつつ、もしビデオが出たら繰り返し見て各カップルを見比べたいと思いました。

<野外ステージ> 桐生・平松・鈴峰
 貫禄があります桐生さん。最初からノリノリにさせちゃうんですもの。
1曲目ハプニング。ゆいちゃんのマイクのコードが抜けちゃったのを桐生さんが拾って渡す場面があり、でも歌はちゃんと歌い続けてました。良いシーンでした。

(今日見ていて突然思い付いた。桐生さんは青池保子の描く男の人に似ている。
ザッツ・エンターテインメントの所を見ていたらそんな気がしてしまった。)

ああ、終わっちゃった。がっくり。もっと見ておくべきだった。
でも、行って良かった。
ちどりさんありがとうm(_ _)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

華崎
2004年11月03日 23:30
千秋楽ご報告ありがとうございます。ラジオで大貴さんが「柿落とし」と言っていたので、どこの劇場?と思っていたのですが、専用劇場のことだったのですね。
seiya
2004年11月03日 23:42
早速のコメントありがとうございます>華崎さん
「柿落とし」のことラジオで言ってたんですか~。いつなんでしょうね。
midori
2004年11月03日 23:54
ご報告、ありがとうございます!!
今日は一日、気もそぞろでした…(ーー;
seiyaさんのお陰で、楽の様子に触れられれました!
本当に、ありがとうございます!!
新劇場♪もう、出来たんですね。
(*><*)
でも、柿落としは何としても行きたいので、ぜひぜひ早めに
日程を出して欲しいですよね。
(^^;
ちどり
2004年11月03日 23:58
ありがとうございます~~~。事情があって行かれなかったので、御報告、本当にうれしいです。(T_T)吉津さんが「弁天町の小劇場は天井も低いしOSKの(本格的な)公演には向かないので、かつての生駒山上遊園地野外ステージのような、学校生の発表の場にして、あとはダンス教室の貸し出す。」ということをおっしゃってたのを小耳にはさんだことがあります。こけら落としはどの程度の公演なんでしょう。あまり本格的なものを期待しない方がいいかもしれません。でもその時にはseiyaさんもぜひ大阪にいらしてくださいませ。
seiya
2004年11月04日 21:42
midoriさん>雰囲気が伝わればいいのですが、いつものように事務的ですいません。
ちどりさん>高世さん良かったですよー。大きくなったなーって感じました。

柿落とし早く発表していただきたいですね。
たとえ本格的でなくても専用劇場があるってことは劇団にとっていいことだと思うんです。
大阪弁天町行きます!

今日はハイな気分で仕事できました。
今日の曲は「シャンパン~♪」がぐるぐる頭のなかを巡ってました♪

この記事へのトラックバック