ミュージカル・歌劇 観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春のおどり」感想

<<   作成日時 : 2016/07/10 17:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

千秋楽に見てきました。
帰りの新幹線でツィッターに書いた感想です。
(アップしていなったので、今更ですがアップします。)

「春のおどり」
第1部 花の夢 恋は満開(作・演出・振付:花柳 基)
第2部 Take the beat !(作・演出・振付:名倉加代子)

・1部の盆灯篭の場面が美しくて、素晴らしいと思いました。遊女たちは廓からは出られないから田舎の家族のことを思いながら踊っているのかなと考えて見ると涙が出ました。

・「火事と喧嘩は江戸の花」だから喧嘩のシーンもあるのかな。新橋演舞場も意識して作ってあるんですね、きっと。

・お大尽の高世さんにキセルを女たちが渡していくところ、仲居さんも渡していくのがちょっと面白かった。で、全部受け取っておきながら全部後ろの人に渡しちゃって、花魁のを吸うのがお大尽らしくていい。

・1部の火消しのところ。頭の高世さんは屋根の上で組んだ梯子の上に上る。梯子自体はそんなに高くないけど屋根の高さも入れると相当高いところにいると思う。怖くなかったかな?

・1部の火消しの桐生さんは小頭って書いてある半纏。ちょっとほかの3人より丈が長い。ソロ歌。引っ込むところ、迫力。

・(私のツボ)そうだ、1部でこのかっこいい男役さん誰?と思ってよく見たら、華月さんだった。あの鬘でかっこいいなんて!

・私のツボ。1部のオープニングでお大尽が出たあと、小グループでポーズを取るシーンがあって上手側に和紗・壱弥がすごく近くにいる。心の中で『きょうだい』だと思う。

・娘役さんで1部の衣装が変わるのは城月さんだけ?猫になるから。男役さんは高世・桐生・真麻・楊・悠浦はたくさん着替えているけど、愛瀬の猫以外は変わらずでしょうか?

(禿の星南・千咲・実花は遊女から着替えていると教えていただきました。)

 


・2部オープニングのところ、ちょっと変わっていてよかったと思います。高世さん、真麻さん、楊さんの3人から始まり、ドラムとタップの掛け合いみたいな出だし。段々人数が増えて、総踊りのあと少しずつ人数が減って行く。

・キスオブファイヤーは娘役さんを一人一人見ることができてお得感が。歌も少しずつソロがあり。折原さんがやっぱりうまかった。で、黒のドレス、別のにはできなかったのかな。


・引き潮は幻想的な場面。背景の幕も波のように上下に動く。歌姫の折原さんの声の美しさ。高世さんと恋羽さんのおどりの美しさ。

・チェックメイトは出だしの振り付けが面白かった。
最後が、ああいう結末でなくてもいいのにとちょっと残念。
でも、カチャカチャ音とかが気に入りました。

・猫の恋は可愛かった!2匹とも飼いたいくらいです。首の動きが猫っぽい。ここで猫の真似して楊さん手拭いを被りメス猫になり悠浦さんと踊るんですね。1回目みてなかった。

・高世さんの女役、声が女の子でびっくり。脚が細い!赤いドレスは微妙でしたが、多分、紳士たち=黒、美女=赤、桐生さん=白で場面の色を作りたかったからかなと思いました。高世さん桐生さんが目立ちますから。

・2部はみんなすごく踊っててすごいって思いました。で、桐生さんのサマータイムが大人の魅力に溢れていて好きな場面です。ここのくるみ様も素晴らしい。

・ジャストダンスはやっぱり名作なんだと思う。ここは、今回出ていないメンバーにも参加してほしかった。(無理だとわかっていますが)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「春のおどり」感想 ミュージカル・歌劇 観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる