ミュージカル・歌劇 観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Connection のこと

<<   作成日時 : 2014/10/05 16:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

三越で3回、大丸心斎橋で1回の合計4回見た。
衣裳のことについて考えたこと。

小学生時代だけモノトーンだと思っていたけど、実は「夢の世界」の衣裳はモノトーン系だったんだなと気がついた。
だけどきー坊だけはカラーで登場する。
夢の中の夢がモノトーンで一層目の夢は色つきなのかな。
「夢」が色つきのときと、白黒の時と両方あるような気がする。
私は。
色を意識しないような夢の時は白黒なのかも。
そういうことがあるから、夢の中の夢であるたー君の生い立ち部分はモノトーンで衣裳が統一されていたのかなと思った。

小学生時代は白と黒。
中学生時代は学ラン男子中学生と白藤先生も白黒でしたね。
高校生時代長ランにセーラー服のたー君チームですが、楊琳たち後輩の鉢巻きは黒。セーラー服のラインとスカーフも白。
対する悠浦チームも白の特攻服に黒で文字が書いてあったりして、一見良くある風に見せていますが、白と黒が基本色です。
髪の色が様々なのでモノトーンで統一というのに気がつくのが遅れたけれど、
「深層心理を表す夢という感じ」を出そうとしたのかなと思いました。

実は、深いのかもしれません。この作品。

「トラウマ」衣裳に至っては「黒」だけです。
たー君、きー坊以外は半分くらい顔をレースのような布で隠しています。
「きっちりとした「形」ではないもの」=「今まで解決できないでいたもの」
として描こうとしていたのではないか。


そう考えると、楽屋でのみんなのリラックスウェアみたいな衣裳はカラフルですよね。
現実に戻ってきたということなんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
よく考えられた作品ですよね。
衣裳の色についての私見を書いてみました
http://blog.livedoor.jp/chidori527/archives/51938304.html
こんな風にも考えられる、という一例ですが。
よかったらご一読くださいませ。
ちどり
2014/10/17 08:09
コメントありがとうございます。
夢の部分しか考えていないあさはかな意見で、すいません。
DVDがきたらじっくり見てみますね。
seiya
2014/10/19 10:43
あさはかなんてとんでもないです。
この作品のいろんな「含み」の可能性に触れてくださってすごくうれしかったので、書き込んでみました。見方や感じ方に正解はないですし、この作品はそんなことを考えなくても表に現れるものだけでも充分成立しているので、あとは趣味の発掘の世界だと思っています。
ちどり
2014/11/11 20:41
DVD到着したらじっくり見て、さらに発掘作業もしていきたいと思います。

seiya
2014/11/11 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
Connection のこと ミュージカル・歌劇 観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる