ミュージカル・歌劇 観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「桜NIPPON踊るOSK2014」 大丸心斎橋劇場 感想

<<   作成日時 : 2014/09/21 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桜NIPPON踊るOSK2014
大丸心斎橋劇場
OSK日本歌劇団

2014・9・21

【感想】
・第一部「炎舞」の鶫と山三の心の声がなくなっていたので、コメディ色は消えていました。
・傀儡一座の最初の踊りのときに鶫がはっきり頭領に言い寄っている感じが出ていました。と、私は思った。
・だから、鶫が山三に惹かれちゃうのは本当の一時の気の迷いなのではないかと。
・あと、ハバネラの後、仲間の元へ二人で出てくるところもわりとすぐ来たように思えて、時間的にハバネラの後そのままどこにもよらずにみんなのところへ連れてきたのかなと。
・三越で見たときはもっと色っぽいいろいろあってのことだと思ったけどね。今日はそうでもなかった。
・で、その方がいい。

・第二部「CONECTION」
・やっぱり、オープニングのところが好き。
・「インザムード」の後のふた組のダンスから男役二人下手へはけて娘役上手に移動、白藤・楊・悠浦出てきて一踊り、若手3人残されて踊るの流れが、好きだー。
・友人に聞いたのですが、数学の教科書?数学Vに変わってるって。
数学Vは普通は高校3年だから、やんちゃな方面にデビューするのは遅いでしょうって話。
ああ、確かに「数学V」だ。
・数学のノートがたー坊だけピンクだけど、小学生のたー坊も、リストバンドと、靴ひも、あと帽子のアップリケもピンクですね。
・ピンクつながりで入れ替わりの時に同一人物なんだって示しているのかな。
・たー坊のグループは「チーム湘南」でしょうか。二人も横浜出身だから。勝手に名前が浮かんできた。
・たー坊のチームは鉢巻きが黒なんですね。
・悠浦チームは白い特攻服にOSKの桜のマークが付いている。
・トラウマの夢のダンスの時にたー坊が着替えてるのはボタンをはずすだけかと思ってたけど、ズタボロの加工がされたブラウスとベストにしてあるんですね。後ろ身ごろも黒いベストになってました。今日初めて気づいた。



・客席通路での演技などは、三越だと通路が長いし、大丸だと短いし、調節が大変だったろうなと思いました。


その他
・DVD予約できました。
・洋舞のほうの写真も販売されていました。
・10月26日に高世さんがコンサートにゲスト出演されるみたいです。別記事であげておきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「桜NIPPON踊るOSK2014」 大丸心斎橋劇場 感想 ミュージカル・歌劇 観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる