ミュージカル・歌劇 観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 開演ベルは殺しのあとに 刑事X華麗なる事件簿 千秋楽の様子

<<   作成日時 : 2014/07/13 23:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

開演ベルは殺しのあとに 刑事X華麗なる事件簿
【千秋楽ご挨拶】
1回目
桐生さん「ジェイをやってて辛い部分もあった。
しかし、普通の大切さに気がついた。誰かに思われていることに気がついた。ここに来てくださったお客様に感謝。私たちがここに息づいていられるのも皆さんのお陰です。」

2回目
桐生さん「本日はお越しいただきありがとうございました。
一緒に戦ってくれた仲間を紹介させてください。
(一人ずつ紹介)
いくつものエンターテイメントのある中OSK日本歌劇団を選んで来てくださってありがとうございます。」
緋波さんハンカチを取り出して桐生さんの汗を拭く。
桐生「ジェイと正反対のエックスに。」
楊琳「(本当に驚いて)・・・・」
桐生「無茶ぶりなんです。打ち合わせしてないんで。」
楊琳「今日私、客席でアタシって言っちゃったんです。本当はボクって言わなくちゃいけないのに。気づいた方います?もう焦ってしまってすぐボクと言ったんですけど。いや、そういうことがありました。」
桐生さん(困って)「それだけ?」
緋波さんハンカチで桐生さんの汗を再び拭く。
楊ちゃん「えーと、今回初めてがっかりお芝居でいろんなところでも言ったんですがものすごいセリフの量で本当どうしようと思ってでもすごくいい経験させてもらった。ありがとうございました。」

桐生さん「ジェイとエックスは反対。ジェイは光から闇に落ちて行く。エックスは闇の中から光に向かって行く役だった。
北林先生の指導でなんとか作りあげられた。OSK初の殺人事件だからどうなるかと思ったが、このステップで次のステージにみんなが進んで行けると思います。
本日はありがとうございました。」


3回目桐生さんご挨拶。
「なんか、最近読んだ本に書いてあったんですけど、(書いてあるから本なんですが)舞台をやって終わると写真とかパンフレットしか残らない。だけどそれでも舞台をやるのは、こうやって見に来てくれた人と舞台の気持ちを共有することができるから。正直言って大変なこともありますが、やっぱりまた舞台をやりたくなってしまう。」


※覚えていることを書いたつもりですが、違っているところもあるかもしれません。



【千秋楽こぼれ話】
・楊琳がお客さんに絡むところで「アタシ」といってしまったところ、私気付いてしまった。
・ジェイが絡むお客さんが千秋楽はたくさんいた。
「きゃさりん・えれん、、、、、たろう」(最後の太郎は覚えてるけど女の人の名前は適当です。)

・取材記者の翼さんがほかの記者と一緒にロッシュを取材中に、ペンを落っことしてしまって、お客さんに拾ってもらうアクシデント。(?)
 ロッシュが気がついて「大丈夫か?」「大変だな」って、はけていった。セリフの「私の一番好きな作品は・・・」を言いながら。

・Xがジェイに握手を求めるところ、ジェイはすごく高いところに手を出して、Xには届かないようにしたんだけど、Xがジャンプして握ってしまう。(思わず桐生さん笑っちゃう。)
(11時の時は、指をつまむだけだった。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
開演ベルは殺しのあとに 刑事X華麗なる事件簿 千秋楽の様子 ミュージカル・歌劇 観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる