ミュージカル・歌劇 観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 松竹座「春のおどり」感想

<<   作成日時 : 2013/05/02 22:35   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

松竹座 は4月21日と29日の予定でしたが、28日も追加して見てしまいました。
28日29日が連休にできるかどうかわからなかったので、29日だけチケットをとっておいたのですが、幸い28日も休めることになり、噂のアフターイベントも見られました。


・やはり、連獅子が始まる直前からドキドキして全部幕が降りきるまでドキドキしっぱなしだった。

・盆やせりよりも舞台の大きさの方が私には気になった。

・特にピエロのシーンは日生が大きかったためにオモチャの小さい人形の感じがよく出ていた気がする。

・群舞も窮屈そうに感じるところがあった。

・照明も松竹座ならではの照明が入って日生とは違う舞台になっていた。


・「三番叟」は女の子の「鏡の夢」に比べるとシンクロ率は低い。
ジャンプを合わせるのは難しい。また衣装の袖が人の動きとは違う物理的な反応をするので、人間が合わせようとしている感じが伝わってきました。
でももう少しシンクロ率はあげられそうに思います。

・くるみちゃんが可愛くて出てくると目が離せません。

・チェリーガールズの振り、カッコ可愛い!

・気に入ったところ
ジャストダンスが始まるところで幕が上がりながら開きホリゾントも現れるところ。赤い幕がリボンで結ばれていたのにほどけて横に揺れる動きが入るのがよかった。

・なんかきれいな男役がいる!と思ってよく見たら栞さなちゃんだった。

・ひえつき節で新人さんたちがわらわらと出てくるところで、なぜか涙が。(千秋楽)

・竜宮の場面は、最初にくるみちゃんが出てくるので、もう、そこからはくるみちゃんだけ見てまして、何がどうなってるかよくわかっていません。
・くるみちゃんがはけてから桜花さんを見る。
・浦島太郎が玉手箱を開ける前に夢を見て思い出してたんだなって思いました。

・桜花さんの日本物の時の手がものすごくそりかえっていて、あの関節どうなってるんだろう?ってどうしても思ってしまう。以前玉三郎さんのドキュメントで、手がよくそるようにいつも曲げてるのを見たことがあるけど、桜花さんもやってるのかな。

・アフターイベントで前半は近鉄時代以来の8人が歌う「アメージンググレース」
私は28日の最期のしか見ていません。
・ご挨拶は桜花さん、高世さん、朝香さん、桐生さん、牧名さん、折原さん、平松さんの順番で、緋波さんが司会。
・あんまり覚えていないけど、
桜花さんは「ひどい顔になってしまって」とか言っていた。
朝香さんの署名活動の時一枚の紙がなかなか埋まらなかったなんて話からもう、泣けて泣けて。
・平松さんもこうやって舞台に立てるのは皆さんのおかげですみたいな内容で、ここでも泣けた。
・で、緋波さんが締めの言葉をなかなか言えずに泣きそうなのが、さらにこっちの涙腺を刺激。
「本当によくぞここまで持ってきた」と思っちゃうんですよね。
私って甘いかな。

・客席から緋波さんに「がんばれ」みたいな声がかかって「はい」と答えてから、新人さんたちの紹介。
「ウズウズしてるでしょう」
「準備はいいかな?」
たぶん全員で「はーい」

・舞台に並んだときにセンターに蒼音君がいて、「よしっ」って思った。
何が「よし」なんだか、うまく説明できないんだけど。

・くるみちゃんが踊り終わったとき、「ドヤ顔」一瞬したんだよね。
・この景を81期以下でやることに意味があったんだと思う。
・難しいもんね。この景は。
・で、清新さを感じたのと同時に、年長組さんのすごさ素晴らしさも良くわかりましたね。
・やっぱり生で見て良かった。


私がこの劇団を好きな理由は、見る度に今を一生懸命生きるべきだという気持ちにさせてくれるから。

作品に恵まれなくても、ひどい運営でも見限れないのは彼らがいつも一生懸命だから。
私も手抜きしちゃいかんと思わせてくれるから。

だから見に行くと初心に帰った公演でもありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松竹座「春のおどり」感想 ミュージカル・歌劇 観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる